オールランキング 第31

火垂るの墓 (1988)

昭和20年、神戸はB29の爆弾が降りそそぎあたり一面は焼け野原となった
母を亡くした幼い兄妹、清太と節子。
誰の力も借りず二人だけの生活を始める。
つつましくも笑い声が溢れる生活夏の夜の蛍は、精一杯生きようとした。
二人の命の輝きでもあった。

  • 高畑勲

  • 88分

予告編を検索

関連まとめ

良い

「良い」レビューはまだありません。

悪い

「悪い」レビューはまだありません。